着うたキングダムの逮捕事件

着うたキングダム

着うたキングダムの逮捕事件

着うたキングダムは2009年に法人運営で違法配信を行っているサイトとして逮捕敵発されました。
法人運営によるサイトが逮捕されたのは業界でも初めてのことで、利用者にとっても衝撃的だったことでしょう。
同サイトは日本レコード協会会員のエピックレコードやエイベックス・エンターテイメントが権利を所有するとされる音楽ファイルを用いて、違法配信を行ってきました。
運営しているのは株式会社ウインズコミュニケーションズ他2社の役員たちです。違法着うたサイトとして誰にでも違法ダウンロードできるよう、幅広く展開していたことで敵発されたわけです。
配信されている楽曲数も95万曲を超えるほどで、大々的に運営されていたことがお分かり頂けるでしょう。このような大規模サイトが違法を繰り返すことは今後考えられないことだと思います。
それまでの逮捕事例を見てみると、どれも個人で運営されているものばかりで、今回は携帯コンテンツを制作する法人団体が違法を繰り返しているということでかなり悪質だとも言えるでしょう。
株式会社ウインズコミュニケーションは業界のプロとしてあらゆる技術を持ち合わせていたようで、着うたキングダムの運営にもそれらを駆使していたことが伺い知れます。
例えばサーバーもプロ仕様のものを用いており、使っている音楽もスターデジオという衛生ラジオから取り込んだもので、それをサイトに自動的に掲載するシステムを作り上げていたようです。
また、更に悪質なのは携帯電話の公式コンテンツからも着うたキングダムへ繋がっているようなシステムを採用していたことです。
今まで安心だと思っていた公式コンテンツですが、残念なことに全てが安心できるとは言えませんね。


ホーム RSS購読